骨のうたう

戦死やあわれ
兵隊の死ぬるやあわれ
とおい他国で ひょんと死ぬるや

Read more
金がきたら

金がきたら
ゲタを買おう
そう人のゲタばかり かりてはいられまい

Read more

ぼくが 帰るとまもなく
まだ八月に入ったばかりなのに
海はその表情を変えはじめた

Read more
愚の旗

人は、彼のことを神童とよんだ
小学校の先生のとけない算術の問題を、

Read more
冬に死す

蛾が
静かに障子の桟(さん)からおちたよ
死んだんだね

Read more

銭湯へゆく
麦畑をとおる
オムレツ形の月

Read more
あきらめろと云うが

かの女を 人は あきらめろと云うが
おんなを 人は かの女だけでないと云うが

Read more
空をかける

蛍光を発して
夜の都の空をかける
風に指がちぎれ 鼻がとびさる

Read more
日本がみえない

この空気
この音
オレは日本に帰ってきた

Read more
ぼくもいくさに征くのだけれど

街はいくさがたりであふれ
どこへいっても征くはなし かったはなし

Read more
望 郷

あの街 あの道 あの角で
おれや おまえや あいつらと
あんなことして ああいうて

Read more
兵営の桜

十月の兵営に
桜が咲いた
ちっぽけな樹に

Read more
夜通し風がふいていた

上衣のボタンもかけずに
厠(かわや)へつつ走って行った
厠のまん中に

Read more
南からの種子

南から帰った兵隊が
おれたちの班に入ってきた
マラリヤがなおるまでいるのだそうな

Read more
演 習

ずぶぬれの機銃分隊であった
ぼくの戦帽は小さすぎてすぐおちそうになった
ぼくだけあごひもをしめておった

Read more
行 軍

白い小学校の運動場で
おれたちはひるやすみした
枝のないポプラの列の影がながい

Read more
行軍二

あの山を越えるとき
おれたちは機関車のように 蒸気ばんでおった

Read more
射撃について

松の木山に銃声がいくつもとどろいた
山の上に赤い旗がうごかない雲を待っている

Read more
三ツ星さん

私の好きな三ツ星さん
私はいつも元気です
いつもで私を見て下さい

Read more
わかれ

みんなして酒をのんだ
新宿は、雨であった
雨にきづかないふりして

Read more
宇治橋

ながいきをしたい
いつかくる宇治橋のわたりぞめを
おれたちでやりたい

Read more
うたうたいは

うたうたいは うたうたえと きみ言えど 口おもく うたうたえず。

Read more
五月のように

なんのために
ともかく 生きている
ともかく

Read more